医療法人清祥会 東山医院 柏市,柏駅 内科,胃腸科,外科,リハビリテーション科

予防接種

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌感染症は頻度が高く、しかも重症化しやすく65才以上の高齢者においては、肺炎の原因菌の第1位を占めております。
本ワクチンの予防効果は5年以上とされており、日本では本ワクチンの接種が2002年以降急増しましたが既接種者の接種後の期間が5年を経過している方も多く、再接種の必要性が叫ばれております。
 

 

接種方法

1回0.5mlを皮下に注射。
他のワクチン(例えばインフルエンザワクチン)接種とは通常1カ月間隔を置くこと。
また副反応として、注射部位の発赤、疼痛、硬結等が稀に起こることがあるが、3~4日で消失しますので安心して下さい。

当院での接種料金 6900円
※肺炎球菌ワクチンの接種については、柏市よりお知らせが届いている65歳以上の高齢者を対象に接種の助成を行っております。助成対象の場合、接種金額(自己負担)は3000円となります。
ご不明な点は当院窓口までお問い合わせください。
 

 

水痘ワクチン

帯状疱疹(ほうしん)の予防に水痘ワクチンの接種をおすすめします。
高齢者が帯状疱疹(ほうしん)にかかると重症化していつまでも痛みがのこるという後遺症に悩まされる場合が多々みられます。
ぜひ水痘ワクチンの接種をお考えください。料金は9740円になります。
 

 

そもそも帯状疱疹(ほうしん)とは?

帯状疱疹(ほうしん)は、水ぼうそうを起こす原因ウイルスと同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。
水ぼうそうは多くの人が子供の頃にかかり、発症後1週間程度で治ります。
しかしながら、治ったといってもウイルスが消滅したわけではなく、神経節という部分に潜伏しています。ストレスや、過労、けが、高齢化、免疫抑制剤の使用等により免疫が低下した際、ウイルスの効力が復活し、再び発症するのです。
症状としては、皮膚に帯状の水ぶくれをつくります。この帯状の症状から「帯状疱疹」といわれます。このような再発を防ぐ手段の一つとして、“水痘ワクチン”を用います。